2018/03/01

特殊工具


え~っ!?
まだ持って無かったの~?
って言われそうですが(^^;

いままで手持ちの道具でなんとか凌いでやってきましたが、
難易度が高く痛い思いをしなきゃならないので好きではない作業のひとつでした(笑




一般のユーザーには全く必要の無い道具です。
いつもお世話になっている内燃機加工屋さんへ
「これこれしかじかで云々・・・」
と電話で詳細を伝えます。
電話口で身振り手振り(?)伝えた甲斐あって、
思い描いてた通りの道具が出来上がってきました。(w

受け側と押し側の2つの部品で構成されます。


早速、手持ちのストックパーツを使い試してみます。
まず押し側にシールを挿入。


受け側を置き、


受け側の凹みにカバーの凸を合せ、

ます。

あらかじめシールを挿入した押し側を受け側の穴に入れセンターを出しプレスしていきます。

簡単に真っ直ぐ奥まで綺麗に入ってくれます。
(画像は取り外した中古シールを再挿入していますのでベコベコに曲がっています)
この道具、フロントシールの打ち込みツールになります。

痛い思いをせずに済み、テクニック要らずで完璧な挿入が出来る道具を完璧に作って頂きました。

得意な作業のひとつになりまそうですw


ありがとうございます!

0 件のコメント:

コメントを投稿